INTERVIEW

COORDINATOR

コーディネーター
前職 : 秘書
女性 / 20代
2018年10月入社

←メッセージへ戻る

SCROLL

スタートアップのフェーズにある”いま””この会社”じゃなきゃできない経験

─── 前職の仕事・入社のきっかけを教えてください

前職は整形外科クリニックを運営している医療法人で、理事の秘書をしておりました。業務内容は、スケジュール管理や経費管理などといったいわゆる秘書業務、加えてホームページのリニューアルや人材育成マニュアルの作成、新規クリニック立ち上げなど多岐にわたっておりました。
経営をドライブしている上司の直下で働くこと、マルチタスクであることに秘書業務の魅力とやりがいを感じておりました。しかし、定量より定性で評価される業務内容の特徴から、自己成長に対する納得感が薄く、他職種への転職を考えるようになりました。

漠然と「医療分野に携わりたい」という思いがありながら、前職で培ったスキルを活かせる環境を模索している中、エージェントの紹介でM3DCを知りました。正直、入社を決めた段階では”コーディネーター”という仕事を具体的にイメージできてはいませんでした。しかし、自分で仕事を創っていくことができるチャレンジングな環境は、スタートアップのフェーズにある”いま””この会社”じゃなきゃできない経験だと確信し、入社を決意しました。

コーディネーター

─── 現在の仕事内容・仕事のやりがいを教えてください

現在はコーディネーターとして働いております。主に担当しているのは、製薬会社主催の医療従事者向けWeb講演会です。クライアントである製薬会社の担当者様と打ち合わせをして、ご希望に沿った講演会の配信を当日までサポートします。目の前に視聴者はおりませんが、ディスプレイを介して、何千人もの視聴者が講演をご覧になっています。小さな綻びが大きな影響をもたらしますので、現場での緊張感は想像以上です。

多数のクライアントの講演会を担当させていただいておりますが、1つ1つの配信を無事に終えた瞬間の安堵感、達成感はひとしおです。
私は、入社1か月ほどで打ち合わせから、配信当日までを担当しました。入社間もなくても、思い切って任せてもらうことは大きな魅力だと感じています。最初は不安もありますが、ストレッチした業務を遂行することで着実に成長を感じることができると思います。

M3DCはメンバーの9割以上が中途入社でジョインしており、様々なバックボーンを持ちながら、個々の魅力を発揮している仲間に、日々刺激をもらっています。また、フラットなコミュニケーションと相手を尊重しあえる風土があるところが魅力です。


─── M3DCで実現したいこと

クライアントにとって最適な提案ができ、安心して任せて頂けるコーディネーターになることが目下の目標です。ITの知識と技術を積極的に身に着けて、トラブルシューティングに至るまで即時的にフォローできるコーディネーターを目指していきたいです。スペシャリストではなく、ジェネラリストとしてマルチに活躍したいですね。

他には、ルーティンワークのパッケージ化や各種マニュアルの作成を進めることで、コーディネーターチームの作業をより効率化すること。属人的な部分をできる限り排することは、安定した高い水準でのサービスを提供し続けることにつながります。その上で、各コーディネーターの持ち味がクライアントにとっての付加価値として発揮されるようなチームにしていきたいです。

実現したいことはたくさんあります。そして、チャレンジできる・任せてもらえる環境と風土がM3DCにはあります。会社とともに、仲間とともに、オーナーシップをもって成長していきたい熱意のある方と、一緒に働けたら嬉しいです!



エントリーする

WANTEDLY 応募フォーム
↑PAGE TOP

サイト内検索

タグ検索選択したタグのページが、すべて表示されます。