ニュース

2020.03.18プレスリリース

弊社の製薬業界向けWeb講演会と 医療関係者の共通 ID「med パス」が連携 ― シングルサインオンで視聴医師の動画視聴体験を向上 ―

エムスリーデジタルコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:新井浩二、以下エムスリーデジタルコミュニケーションズ)が実施するWeb講演会は、株式会社medパス(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐藤晃、以下「m e d パス」)が提供する医療関係者の共通IDサービス「m e d パス(メドパス)」との連携を開始したことをお知らせします。

■背景
エムスリーデジタルコミュニケーションズでは、主に製薬・医療機器企業から医師などの医療従事者に向けた情報提供活動を、デジタルやITの側面から支援しております。その中でもWeb講演会は、全国の会議室やスタジオなどで行われる医療従事者向けの講演会をライブストリーミング配信するもので、サービス提供の5年間で累計5,000件以上の配信実績があります。

昨今、製薬企業にとって主要な情報提供手段となっているWeb講演会では、年々強化される医療用医薬品の広告に関する規制への対応のため、またITを活用した効果的・効率的なマーケティングコミュニケーションの観点からも、視聴者の特定が急務となっています。一方で従来のWeb講演会の視聴システムでは、視聴者を厳密に特定できない場合があり対策が求められていました。

今回、医師14万人(2020年2月現在) を含む医療関係者の共通ID「medパス」をWeb講演会視聴の認証に取り入れることで、このような課題に対処していきます。

■連携によりWeb講演会のさらなるサービス価値向上へ
今回の連携により、Web講演会を主催する製薬・医療機器企業では視聴者特定の手間やコストを省くことができるだけでなく、中長期ないし複数講演会の視聴ログを統合的・横断的に管理分析することが容易になります。更に視聴ログをCRM等のITツールに統合することで、Web講演会を主要なマーケティング施策として最大限活用できるようになります。

また視聴医師側も医療従事者向け各種Webサービスのアカウント情報を個別に管理する必要がなくなるため、Web講演会視聴に関するUX(視聴者体験)を向上することができます。

■エムスリーデジタルコミュニケーションズ株式会社について
メディカルマーケティング領域における動画配信を主としたソリューションプロバイダーとして、製薬メーカー、医療機器メーカー、医療機関および医療従事者の皆様に向けた事業を展開しています。主力のWeb講演会事業では累計5,000件以上の配信実績があり、安定の配信実務と併せて視聴データ活用のご提案や製剤マーケティング戦略のご提案・各種ツール運用支援まで幅広く行っています。今後も多数の新規サービス展開を予定しています。

社名(商号) : エムスリーデジタルコミュニケーションズ株式会社 (英文:M3 Digital Communications, Inc.)
設立 : 2014年3月
資本金 : 5,000万円(資本準備金含む)
代表者 : 代表取締役 新井 浩二
公式サイト:https://m3dc.co.jp/

■株式会社med パスについて
株式会社 med パスは、「医療に携わる人々のコミュニケーションの和(輪)を広げ、より良い医療と人々の健康に貢献する。」をミッションに、医療関連企業・団体にメディカルデータベース(MDB)を提供する株式会社日本アルトマークと、「集合知により医療を再発明する」という企業ビジョンのもと、12 万人以上の医師が参加し、医師同士が臨床経験を共有する医師専用のコミュニティサイト「MedPeer」を運営するメドピア株式会社との合弁会社として設立された会社です。

社名(商号) : 株式会社medパス (英文:medpass Inc.)
設立 : 2016 年 6 月 資本金 : 1 億円(資本準備金 5,000 万円を含む)
代表者 : 代表取締役社長 佐藤 晃、 代表取締役副社長 永峰 康司
公式サイト:https://medpass.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
お問い合わせは以下までお願いいたします。
エムスリーデジタルコミュニケーションズ株式会社
TEL : 03-6896-2551  FAX : 03-6690-9025  E-mail :info@m3dc.co.jp

【記】 PDFを開く

積極採用中!エントリーはこちら

WANTEDLY 採用特設サイト
↑PAGE TOP

サイト内検索

タグ検索選択したタグのページが、すべて表示されます。